虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならな

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

http://kasei-soda.lomo.jp